治療院の開業

柔道整復師や理学療法士を中心とした治療院(整骨院・接骨院・整体院など)の開業の際に必ず頭に入れておく必要があるマーケティングについてご説明します。
治療院の場合はあまり宣伝をし過ぎると逆効果なように慎重に方法論を吟味する必要があります。実際にこの業種にとってキーとなる宣伝手法は次の3つです。

① 外観・看板 ② チラシ ③ ホームページ

もちろん他にも各種広告媒体などがありますが、現実的に最も効率がよく外せないのはこの3つです。これら外観・看板、チラシなどの紙媒体、ホームページは整体院にとって唯一であり、最も重要なツールである事から弊社では整体院プロモーション3種の神器と呼んでいます。これら3つのツールを上手く使いこなせば間違いなく増患は上手くいくのですが、マーケティング技術があまり進歩していない整体・整骨院業界ではこれらをしっかり理解して上手く使いこなせていないところがほとんどないと言っていいのではないでしょうか。是非この3つをしっかりご理解いただき他院に先んじて実践し、成功を手に入れていただければと思います。
治療、美容、メンテナンスと目的は違えど治療院はお客様の立場からするとしばらく通う必要があるところです。そこで自宅やオフィスから近いという事が大きな武器となります。
特に開業したての整体院などでまだ地域でのニーズが読みにくい場合、技術面などで競争優位性を出せない訳ですから、優位性を“通いやすい”に絞り込まざるを得ません。このタイミングで重要なのは徹底的にエリアを分析し、自分の整体院の得意エリアが患者さんが出ないように頻繁に露出する手法“ゾーンディフェンシブマーケティング”をお勧めします。

このページの上へ戻る